リクルート
  • Instagram

    社員について、会社について知る

  • Twitter

    社員が発信するつぶやきをのぞく

  • note

    社員が書くよみものです

  • Youtube

    社員のリアルを動画で

メインビジュアル

「誰と、どう働くか」

DIRECTOR

茂木 慎汰郎

SHINTAROH MOGI  /  2020年中途入社

PROFILE

大学時代まではサッカーに明け暮れ、大学卒業後は大手ブライダル企業に新卒で入社しウェディングプランナーを2年間務める。ブライダル企業に2年間勤めた後、カナダのトロントに渡航。渡航して2ヶ月でcovid-19が猛威を振るい無念の帰国。志半ばで帰国をしたが、この経験を糧に新たな挑戦としてラシンに入社。
“お客様にとって本当に良いこと”を突き詰め、中小企業を福岡で一番支えることを目指している。現在は、ばりよか事業部のディレクターを務めている。

人生を歩むうえで
ゆずれない軸「 仲間 」

私は小学1年生から大学4年生まで、サッカーに打ち込んできました。
高校時代は、幼いころからの夢であった高校サッカー選手権の全国大会出場を目指して、160人いるサッカー部の一員としてサッカー漬けの日々を送りました。チームと個人の目標を達成するために、仲間と本気で向き合い、時には衝突することもありました。
結果的に選手権出場というチームの目標は県予選の決勝戦で敗れ達成することはできませんでしたが、1つの目標に向かって全員が同じ目標意識を持ち、切磋琢磨しながら打ち込んだ時間が私の財産となっています。

そういった経験から、私がこれからの人生を歩む上で、譲れない軸となったものは「仲間」でした。新卒で入社をしたブライダル企業の選考の際も人事や面談をさせていただいた「人」に惚れ、入社をすることとなりました。転職活動でラシンと出会い、選考を進めていく中で出会った、代表の原、取締役の武の人柄、熱心に自分の話に耳を傾け、熱いメッセージをくださった姿に感銘を受け、「この方々と一緒に働きたい」と強く感じ、入社を決めました。私は社会人になってもまた、共に未来を語れるような最高の仲間、上司に出会うことができていると確信しています。

お客様、スタッフと誠実に向き合う

ラシンに入社してからは”ばりよかホームページ”のディレクターを務めています。ばりよかのサービスは、低価格で提供することにより、これまでホームページを持つことができなかった、個人
事業主や小規模事業者にホームページというデジタルの入口にご案内し、お客様のDX化の支援をするというサービスです。前職のウェディングプランナーでは、新郎新婦様に最良の1日を結婚式当日の想像を膨らませながら綿密にコミュニケーションを取り、当日を迎えるわけですが、ホームページ制作のディレクターとなった現在も、同じ感覚になるときがあります。
相手が新郎新婦様から経営者様に変わったことで、話し方やリレーション構築の取り方といった部分で意識する点は多少変わったものの、本質的に「お客様のために誠実に向き合うこと」「お客様にプラスの影響を与えることを常に考える」という顧客志向であり続けるといった部分は、これまでと変わっていません。

“本当に喜ばれるサービス”を追い求めて

ばりよかを利用されているお客様や、これから利用をしたいと仰っていただけるお客様とお話をさせていただくと、圧倒的にデジタル情報に追い付けていない方々が多いと感じます。お話させていただ
くことにより、長年にわたる経営者人生で培ったハードワーク、忍耐力、言葉力のような部分で魅せられ、自分自身大きな刺激をいただけている一方、急速に進んでいるデジタル化の波に乗り切れてい
ないお客様が、地方になればなるほど多いのが現状です。先ずは、ばりよかのサービス自体を正しく使い始めていただく。その先に様々なデジタルサービスを提供し、それぞれのサービスごとに、正しくオンボーディングできる人を増やしていけるよう、課題を見つけ、解決する方法を考え、チームメンバーと一緒にPDCAを回していきたいと思っております。その為には、ばりよかというサービスのクオリティを上げ、”本当に喜ばれるサービスは何か”を常に考え、自分自身の提案の幅をもっともっと広げていかなくてはなりません。ともに事業を推進していき、伴走させていただけるパートナーとして頼りにされるよう、確実に一歩ずつ進んでいきたいと思っています。