リクルート
  • Instagram

    社員について、会社について知る

  • Twitter

    社員が発信するつぶやきをのぞく

  • note

    社員が書くよみものです

  • Youtube

    社員のリアルを動画で

メインビジュアル メインビジュアル

MESSAGE 世のため人のため“自分のため”
関わるすべての人を幸せにする
羅針盤となる
代表取締役 兼 CEO 原 直樹NAOKI HARA

1984年生まれ。福岡県出身。
福岡大学経済学部産業経済学科卒。
大学卒業後、株式会社リクルートに入社。
2011年、通販専門の広告代理店、株式会社ファインドスターに転職。
ラジオや新聞など紙媒体を中心とした広告制作のディレクション業務に従事。
2015年に独立しラシン株式会社を設立。

ラシンが目指していること

創業時より私たちは【世のため人のため“自分のため”関わるすべての人を幸せにする羅針盤となる】という理念を掲げて事業を行っています。
「世のため人のため」と言うと、どこかきれい事のように感じる方もいるかもしれません。ですが私は「世のため人のため」の事業を行うことがビジネスの本質であり、企業が永続的に成長、発展するための必須条件だと考えています。誰かに必要とされ、世の中に求められる商品やサービスが提供できなければ、売上も上がりませんし利益など残せるはずもありません。つまり「世のため人のため」になることで収益へとつながり発展していく会社になっていくのです。ですが、どれだけ会社が「世のため人のため」になる事業を行っていたとしても働く当事者が「自分のため」だと感じられなければ意味がありません。会社は社会のために働くべきですが、個人は会社のために働くのではなく、あくまでも「自身の幸せの追求」のために働くべきだと考えます。働く当事者が、その仕事にやり甲斐を感じて情熱を注ぐことができ、自分の未来に繋がると心の底から信じられてこそ幸せを実感できますし、その会社で働く意味があると考えています。

人生の可能性を広げる“圧倒的成長”とは

仕事を通して身につけた行動力や視座の高さによって人生の可能性は無限に広がっていきます。
ですから“自分のため”というのは、目先の私利私欲を満たすような安易なものではなく、
人生の可能性を広げるための“圧倒的成長”だと考えています。
成長速度が早い組織とは、個人プレーでなくチームプレーに強い組織。チームの一員としてそれぞれが役割を自覚して全力でパフォーマンスを発揮すること。
これによって組織も早く成長していきますし、個人も成長していきます。組織が一体となって社会に価値ある事業を追求し続けることが事業やメンバーの成長となり、個々人の可能性を最大限に広げる“圧倒的成長”へとつながっていくのです。
弊社名の「ラシン」は“羅針盤”に由来しています。世のため人のために進むべき方向性を示す羅針盤でありたいという思いから名付けました。
事業を通して社会の課題解決をしていきたい、多くの人の人生を前向きに変化させていきたい。そして、働くメンバーが圧倒的成長することで、自分の夢を叶えるだけでなく、家族の夢、仲間の夢を全て実現させ、理想の人生を最大限に謳歌してもらいたいと考えています。

日本で一番、中小企業を支える会社を目指して

現在、最も力を入れている事業「ばりよか」は個人事業主や中小企業向けに格安でホームページを制作、運用するサービスです。そして中小企業の中でも、これまでネットなどを活用してこなかった50歳以上のビジネスオーナーを対象にしています。リアルの世界で必死でビジネスに取り組んできた彼らですが、デジタル化が進む今、時代の波に取り残されそうになっています。特に新型コロナの影響によって、その流れはますます加速しリアルだけでビジネスを続けることに限界を感じている会社は少なくありません。私たちは、そういったお悩みを抱える中小企業に対してホームページというデジタルインフラを提供することで、まずデジタル世界の入り口にお連れします。それを起点にデジタルを活用した予約管理やEC販売、業務改善など様々な形でのデジタル化をサポートし、企業にあったDX化の支援をしていきたいと考えています。
最後にもう一つ。少し先のことにはなりますが、弊社では海外展開にも力を入れていきます。
それも1カ国や2カ国ではなく世界中の大陸に拠点を作っていくイメージです。「世のため人のため自分のため」この理念を胸に、世界中の方と出会い、
多くの人を幸せにできる企業を目指してまいります。

あまり派手さはありませんが夢はあります。
ご縁があれば、私たちと一緒に夢を実現していきましょう!